定期演奏会はいよいよ来月です!
練習あいさつ
この日はと~っても寒い日でしたが、団員たちは寒さに負けずに練習をがんばります!

「ちなみに、今日は全部やります!イヤって言っても全部やります(笑)」
この日の指揮と指導は中城良マエストロです!

まずは『パイレーツ・オブ・カリビアン』を通します。
パイレーツ演奏1
弦が奏でる小気味よいリズム、そこに金管楽器の美しい音色、ティンパニの迫力が重なります。
勇ましく壮大で美しいこの曲の魅力を、今持っている実力で精いっぱい表現する団員たち。
間違いなく彼らの演奏は上達しています!

演奏が終わると・・・
遅くなりたくない
「メモだけしてください!鉛筆もってください、いいですか」
中城マエストロです。
「142番から戻って1,2,3小節前、メゾピアノって書いてあるところ、”私遅くなりたくない、ならない”って書いておいて!」
ここは遅くしたくなりがちだそうですが、ブレスをかけてしまうとと142に入りにくくなってしまうそうです。
「遅くならないって決意表明してね」

ところで今日の演奏について・・・
今日元気ない?
「今日元気ない?」
と中城マエストロ。
青木トレーナーも
「すごく良かったけど、何か足りないと思ってた!」
団員たちの演奏は上達していますが、少し元気が足りなかったようです。
気持ちはフォルテ
「セカンド、ビオラ、ここ最初ピアノって書いてあるけどウソだよ。気持ちはフォルテだよ。後ろからもっと音量ほしい」
パイレーツ演奏2
団員たちが演奏します。
「185の1小節前で止まるのわかる?」
「2つ前のお山になってるところ、音止める感じで」
細かなところまで確認します。
離すときに響かせる
「弦は押すんじゃなくて、響かせるように!」
青木トレーナーです。
「弦は弓から離す瞬間に響かせるんだよ、わかるかな?」

こうして『パイレーツ・オブ・カリビアン』の練習を終えました。
全体的にすごく上手になったと感じます。
・・・・・・・・
休憩をはさんで
続いては、
リトルマーメイドいきます
「リトル・マーメイドやります!」
リトル演奏1
「バイオリンはフルートを聞きながら音出して!今度は人間界行きますね、やってみよう!」
人魚の世界と人間界の行き来!です。

「B戻りますね。5個前、フォルテありますね。フォルテ、音のびてる人はあんまりのばさなくて大丈夫」
「Aからいきます!アメリカ!」
アルファベットを何かの頭文字で表現する中城マエストロです♪

ドラムの軽快なリズムに楽しげなメロディが重なります。
「Hからいきましょう!」
鍵盤ハーモニカ
中城マエストロが鍵盤ハーモニカを吹き、団員たちがそのあとに続きます。
「みんな、さぼっていいところはさぼらないで、頑張らなくていいところを頑張ってる(笑)」
「面白いくらい I (アイ)、大きいもんね!」
音量の問題のようです!
踊りだしたくなる
団員たちが合わせます。
踊りだしたくなるようなリズムに切ない旋律がつながり、いよいよ曲は壮大な局面へと入ります。
『リトル・マーメイド』は、いろいろな表情をもつ、とってもいい曲ですね!
・・・・・・・・
休憩をはさみ、『軽騎兵序曲』の練習です。
ビオラチェロコントラバス
「22小節目、見てください!ビオラ、チェロ、コントラバス」
22小節目はリズムを変えているので、その確認です。

すると・・・
軍隊って
「軍隊ってどんな毎日?」
中城マエストロが問いかけます。
「規則正しいのね。タタタタ・・・」
そうですね!
ためないでやって
「20からいきます!ためないでやって。20!」
団員たちが軍隊のように正しくリズムを刻みます。
「タタタタ・・・、ここ焦らなくていいよ。軍隊生活逃げ出したいのわかるけど(笑)」
「60番いきます」
金管楽器
金管楽器が響きます!

練習が続き・・・
「みんな、この曲のスコアを置いておくので見てください!」
青木トレーナーです。
music_gakufu_open



「実は軽騎兵はすごく単純な楽譜です。同じリズムを何こものパートがやっているので、自分の楽器とどの楽器が同じなのかを考えるといいと思います!」

こうして軽騎兵序曲の細部を確認しながら練習が続き、フィニッシュです!





・・・・・・・・
休憩をはさみ、続いては・・・
『アルルの女』第二組曲です。
ふふふって
「ティンパニ、アタックというよりはズーンという感じね」
「Bはウフフ、ウフフって笑って、フルート」
中城マエストロの表現はとても分かりやすいです!

「Eからいきます!焦らないでしっかりね」
弦楽器のメロディに
弦楽器が刻むリズムの上に管楽器がメロディをのせていきます。

「L、ラーンタカタッタ、いきます!L」
団員たちが演奏します。
音は小さくなる
「音って最後は普通小さくなるよね。それを表現して!」
青木トレーナーです。
やなこと~
「ハイ、ここ、やなことありました~!やなこと~」
イメージが伝わってきます!
「弓先だよ弓先!弦のみなさん、心を込めて~」
青木トレーナーです。

練習が続きます。
光が差す
「Fの前、1小節前、ディミヌエンド、大きいハート書いておいて!Fの一つ前はうれしかったこととかを思い浮かべて気持ちを込めないと何の意味もないからね」
大切な箇所のようです。
「クレッシェンド!光がだんだん差してくるから!」

続いて・・・
1組いきます
「一組行きます?」
『アルルの女』第一組曲です!
「一番夏い暑~」
!!
暑い夏、です♪
暑い夏
「いい風が吹きます!アクセントが毎回あるね」
「陽気におどけた感じで!みんな、さっきの軍隊みたいになってる。パーン!みんな結婚式ね!結婚式」
演奏のイメージは曲によって違います♪
「Cいきます!お葬式じゃない感じね!」
フルートの美しい調べがステキです。

「焦らなかったらとっても良かった!」
こうして第二組曲の演奏を終えました。
・・・・・・・・
残り時間もあとわずかです。
すると・・・
「ラデツキー行進曲いきます?」
我らがラデツキーです!
「アルルの後だからバラバラにならないようにね~(笑)」
青木トレーナーです。
「ドラム、最初の8小節、何かやって(笑)」
ドラムアドリブ
ドラムがアドリブで素敵なリズムを刻み・・・
軽快な『ラデツキー行進曲』が始まりました!
この曲を聴くとなんだか楽しい気持ちになります♪

最後にトレーナーのみなさんが今日の注意点などを団員たちに伝え・・・
練習終わり
この日の練習を終えました。

定期演奏会を控え、団員たちの練習にも熱が入ってきました。
いよいよ来月です!
文化会館大ホールでの彼らのステージを、どうぞお楽しみに!